保険会社が保険金の支払いを免れる場合のことです。
保険会社は、保険事故が発生した場合には、保険契約に基づいて保険金支払いの義務を負いますが、特定の事がらが生じたときは、例外としてその義務を免れることになっています。
例えば、戦争その他の変乱によって生じた事故、保険契約者もしくは被保険者の故意・悪意によって生じた事故や地震、噴火、津波による事故などがあります。
約款には「保険金を支払わない場合」等として記載されています。