医療保険契約において、1回の入院で何日間まで保険金が支払われるのか?を言います。一般的に60日タイプ、120日タイプ、180日タイプなどがあります。医療技術の進歩により、入院日数が短期化していることもあり、保険料が安い60~180日が主流となっています。