法人契約の生命保険で、全額損金計上できる保険を略して「全損」と呼ぶことがあります。全額損金計上できる生命保険は定期保険・医療保険の全期払いの場合です。