共済契約者(原則として組合員)が共済者(共済事業団体)に支払うお金のことです。
共済契約において、契約の一方の当事者である共済者が危険負担という給付を行うことに対して、他方の当事者である共済契約者が負担する対価です。