保険料算出の基礎とした予定利率と実際の資産運用の利回りが事業年度内において相違した場合に生じる損益のことです。
予定利率は、安全を見込んで、通常、低めに設定されています。