営業保険料の計算基礎率である予定死亡率、予定利率、予定事業費率が、それぞれ実際にかかった保険金と事業費を賄うことができたか、それぞれにどれ程の利益なり損失があったかを分析するのが利源分析です。
利源分析の結果、剰余金がでた場合は、保険会社の定款に示された割合が契約者配当準備金として積み立てられ、有配当保険においては契約者配当として保険契約者に還元されます。