生命保険会社は毎事業年度末に資産および負債を評価して過去1年間の収支損益を決算として計算しますが、その際に生じた余り(余剰)の金銭のことです。
利益金は、死差益、利差益および費差益の3利源からなっています。
相互会社では「剰余金」といいます。