年払または半年払の契約で、将来の保険料を2年分以上まとめて払い込む方法です。
保険会社は預かった前納保険料を払込時期が到来するまで運用することができますので、一定の利率で保険料が割り引かれます。
この利率のことを「前納割引率」といいます。
前納期間中に事故が発生して保険金が支払われ、あるいは契約を解約されて保険契約が消滅した場合、払込期月の到来していない前納金は未経過保険料として返金されます。