標準下体を被保険体とする保険契約の引受において、その標準より高い危険を補うために、危険の程度に応じて割増しされた保険料のことです。
「特別保険料」とも呼ばれます。
割増保険料は、保険会社の定めた一定期間または保険料払込期間の全期間にわたり払い込みます。
割増保険料に対して解約返戻金の有無は、保険会社や商品によって異なります。