一人の被保険者の生存を条件として支払われる生命年金のことです。
これに対し連生年金は、複数の被保険者の生存を条件として支払われます。