生命保険会社が、良質契約を選別し、医学的、環境的、道徳的な問題のある契約を排除することです。
生命保険会社は経営の健全性を維持するために、被保険者の危険度を測定・評価・分類し、その危険選択によって、公平・妥当な契約条件を個々の申込ごとに定めます。
危険選択が行なわれる理由は、病気にかかっているなど危険度の高い人が数多く保険に加入した場合などには保険事故発生率が予測を超えてしまい、保険事業の運営に悪影響を与えてしまうためです。