保険会社の収入保険料の総額と、支払われる保険金の総額とは等しいとする原則です。
保険事業は、収支相等の原則にもとづいて運営されています。
収支相等の原則は次の算式によって表されます。
nP=rZ
n=保険加入者、P=純保険料、r=保険金受取人数、Z=保険金