契約締結など法律行為に不備がある場合に、いったん有効に成立した契約の効力を一方的な意思表示によって、締結時にさかのぽって消滅させることです。