契約者または被保険者が保険会社に行う告知を、生命保険募集人が妨害する行為のことです。
たとえば、診査のときに診査医に現症や既往症の告知をしないようにすすめることです。
保険募集に関する禁止行為のひとつとなっています。