生命保険等、保険契約に加入する際に、保険契約者や被保険者が、故意または重大な過失によって重要な事実について告知しなかったり、事実と違うことを告げていた場合のことをいいます。
 例えば「病気で通院している事実を告げていない」「入院歴を隠した」などです。
告知義務違反を保険会社が知った場合は、保険会社は契約を解除することができ、解約返戻金があれば払い戻しされるか、契約時にさかのぼって契約が無かったことにされます。

保険会社が告知義務違反で契約を解除できるのは、契約日(または復活日)から2年以内で、告知義務違反の事実を知ってから1ヶ月以内とされています。