保険に加入する際に、契約者および被保険者が現在の健康状態、過去の病歴、職業などの重要な項目について、保険会社に事実をありのまま答えることです。
保険会社は、告知された内容に従って保険引き受けの可否を判断したり、特別条件を付加するかを判断します。