甲という事実と乙という事実との間の原因と結果の関係、言い換えれば甲の事実がなければ乙の事実は生じなかっただろうという関係を因果関係といいます。
保険契約では、保険事故と損害との間に因果関係があってはじめて保険金支払の対象となります。