生命保険会社には、保障業務と資産運用業務の二つの固有業務があります。
保障業務は、保険事故の発生に対し保険金を支払うという経済的保障を提供する業務です。
資産運用業務は、ソルベンシー(支払能力)を確保するため、契約者から払い込まれた保険料の中から積み立てられた積立金を運用する業務です。