相互会社の設立の際に、資本金の代わりに設ける事が必要とされています。
基金拠出者との契約により出資され、一定の要件が満たされれば償却されます。
基金は事業資金および担保資金としての役割を担っていますが、特に創業時における事業資金としての機能を果たす事が強く期待されています。