生命保険において、リスクの基礎となる死亡表の死亡率を100とし、これに対する死亡率比が125~130より小である被保険体を「標準体」、これより大である被保険体を「標準下体」といい、この境界線上の被保険体を「境界体」といいます。