年金基金を有価証券等に投資し、その運用実績により受け取る年金や解約返戻金などが変動(増減)する年金保険のことです。
インフレーション時代には魅力的である反面、投資リスクの伴う年金となっていますが、最近は年金受取総額を最低保証する商品も増えています。
また、一部の生命保険会社では、運用実績が好調な場合は死亡給付金や年金原資の最低保証額がステップアップし、一度上がったらその後下がることはないというタイプの商品を取り扱っています。
生命保険会社は、変額個人年金保険の契約にあたっては、資産の運用方法や商品の仕組みなどについて、書面を用いて説明することが義務づけられています。
また、契約後も運用実績などについて1年ごとに書面を交付しなければいけません。