試行回数を限りなく増加していくと、一定の傾向値が得られ、予定値と実際の数値との差が限りなく小さくなっていくことを表す法則です。
不連続、不規則に発生する偶然な事故も、同種の事故を統計的に整理し大量観察を行なうことによって、それらがほぼ一定の割合で起こることがわかります。
サイコロを投げて1の目の出る確率は、投げる回数を増やすほどに6分の1に近づいていくという例があります。
この大数の法則によって、特定の偶然の事故もそれが将来的に発生するであろう割合を予測することが可能になります。
保険は、大数の法則を応用することによって成り立っている一つの経済的な仕組みです。