一旦失効した生命保険契約でも、所定の手続きをとることで、再び元の契約に戻すことができる制度です。
ただし、復活の手続きは、失効後一定期間以内(3年以内の場合が多い)に行なわなければなりません。
復活により契約を継続した場合は、保険料は当初の加入当時と変更なく継続することができ配当も継続します。
復活するためには、告知書の提出または医師による診査、失効期間中の保険料の払込み、生命保険会社の承諾などが必要となります。
生命保険会社によっては、所定の利息の払込みが必要な場合があります。