契約希望者(被保険者)の、身体上の危険(被保険者の体格、過去の病歴、現在の健康状態等)、環境上の危険(被保険者の現在の職業や仕事の内容)、道徳上の危険(モラルリスク)を基準にして、保険会社が契約の諾否、保険料率、保険金額、保険種類などの契約条件を決めることです。
契約の選択の結果、契約を引き受けない、あるいは特別な条件をつけて契約を引き受ける場合(特別条件付契約)もあります。