契約の効力を継続したまま、保障の内容などを変更することです。
契約者と生命保険会社との合意によって、契約途中であっても契約の内容が変更できます。
例えば、保険料払込方法・経路の変更、保険金受取人の変更、保険金額の減額、払済保険・延長保険への変更、保険期間・保険料払込期間の延長・短縮などがあります。