高額契約、第三者受取人契約および逆選択の恐れがないように契約等について、生命保険会社の職員または生命保険会社が委託した者が契約者・被保険者を訪問し、職業・健康状態などを確認することです。
契約確認には、契約の成立前に行う「成立前確認」と契約の成立後に行う「成立後確認」があります。
契約確認によって、申込内容や告知内容などに事実と相違することが判明した場合には、契約の成立前であれば契約を引き受けないか、契約の成立後であれば告知義務違反の場合に契約を解除することがあります。
また、契約確認には保険金・給付金の請求時に行う「請求時確認」もあります。