生命保険会社が、契約者に対して剰余金を契約者配当金として分配するため、実際に分配を行なう時まで、貸借対照表の負債の部に積み立てておく準備金のことです。
相互会社の場合は、「社員配当準備金」といいます。