既存の生命保険契約を活用して、新たな生命保険を契約する制度です。
既存の生命保険契約の責任準備金や配当金を転換価格(下取り価格)として、新たに加入する保険の一時払保険料あるいは前納保険料として充当します。
契約転換後には既存の契約は消滅しますが、契約者配当の権利は、そのまま継続されます。
契約転換制度には、「基本転換方式」や「比例転換方式」、「定特(定期保険特約)転換方式」があります。
生命保険会社は、契約転換制度の利用を勧める場合、転換以外の方法や転換した場合の新旧契約の内容比較などについて、書面を用いて説明することが義務づけられています。