保険会社と保険契約者の間に立って、保険契約の締結に向けての仲介・斡旋をすることです。
生命保険契約の際、生命保険募集人(営業職員・生命保険募集代理店)には契約締結権はないため、保険会社の承認を得て初めてその契約が成立します。