一定の保険期間(5年、10年、15年など)を定め、その期間内に被保険者が死亡あるいは高度障害状態になった場合にのみ保険金が支払われる保険です。
被保険者が保険期間の満了まで生存した場合には、保険金は支払われず保険契約は消滅します。
定期保険の保険料には貯蓄部分が含まれていないので満期保険金はなく、銀行の定期預金のように満期時にお金が戻ってくるというものではありません。
定期保険は、いわゆる掛捨て保険で、その分、他の保険種類と比べると保険料は安くなっています。
定期保険には、平準定期保険、長期平準定期保険、逓減定期保険、逓増定期保険などがあります。