団体扱や集団扱の対象となるために、最低必要な一定数(10名以上など)の保険契約者数のことです。