保険会社は、保険以外の事業で不測の損害を被り、健全な運営を損なうことがないように他の事業を営むことが制限されていることです。
保険業には生命保険事業と損害保険事業があり、2つの事業の兼営は禁止されていますが、生命保険会社が損害保険子会社を設立したり、損害保険会社が生命保険子会社を設立することは認められています。