保険期間中の年齢ごとの死亡率を平準化した保険料のことです。
保険料が保険料払込期間を通して平準化されているために、保険期間の終期近く(高齢)になっても保険料が上昇しません。
自然保険料では、高齢になると保険料が高くなってしまい、契約者が保険料負担に耐えられないというデメリットを解消する目的があります。