一定の保険期間(5年、10年、15年など)中に被保険者が死亡あるいは高度障害状態になった場合に、契約時に定めた保険金が支払われる定期保険です。
被保険者が保険期間の満了まで生存した場合には、保険金は支払われず保険契約は消滅します。
保険金額が減っていく「逓減定期保険」や保険金が増えていく「逓増定期保険」と違い、「平準定期保険」は保険期間中の保険金額が一定となっています。