責任準備金の積み立て方法のひとつです。
初年度から保険料払込期間の最終年度まで、保険料に占める純保険料と付加保険料の割合が平準で変わらない方式をいいます。
他に「チルメル方式」があります。