1回で1年分を払込む保険料で、月払保険料に比べて年間で約8%程度、安くなります。年払保険料は死亡表が表わす、1年間における生存と死亡の確率の関係から生まれてきました。