年齢群団方式とは、保険料(共済掛け金も含む)を設定する場合、年齢条件をある程度まとめて郡団を作り、保険料を設定する場合の方式。生命共済、医療共済などで主に使われている。
例えば、通常の生命保険は年齢に応じて保険料に差異があるが、年齢群団方式の場合、21歳~25歳まで、26歳~30歳までというようにまとめて同じ保険料を設定する。
 群団方式は一定期間保険料が上がらない、わかりやすいというメリットがあるが、若年の場合、若干保険料が割り増しされているというデメリットもある。