保険における契約引受の単位で、同時に保険金額設定の単位であり、保険料率適用の単位でもあります。
火災保険において建物の場合は、各物件料率表で規定している「一つの建物」ごとにその全体を引き受けます。
屋外設備・装置の場合は、「1基」ごとにその全体を引き受けます。
動産の場合は、「一つの建物」、「1基の屋外設備・装置」内収容の動産ごとに次の項目別に別けて引き受けます。
①家財、②設備、装置、機械、器具、工具、什器、③原料、材料、仕掛品、半製品、製品、商品、副産物、副資材。