物保険と異なって保険価額がはかれない人保険の場合、引受保険金額が異常に高額なものにならないよう、引受限度額が設けられています。
例として傷害保険において、1被保険者の保険金額、入院保険金日額、通院保険金日額における制限額などがこれに当たります。