独立行政法人福祉医療機構を保険契約者とし、心身障害者の扶養者を被保険者とする団体保険です。
心身障害者の扶養者が死亡した場合、福祉医療機構に保険金が支払われ、この保険金を基金として、心身障害者に年金を支払う仕組みになっています。