保険期間の中途において、以後の保険料の払い込みを中止して、元の契約の保険期間を変えることなく、その時点での解約返戻金を一時払保険料として、主契約と同じ種類の保険に変更する方法です。
保険会社や保険種類によっては、終身保険や養老保険に変更できる場合もあります。
保険料の払い込みが困難になった場合でも、解約する事無く払済保険に変更することによって、保障の存続を図ることができます。
ただし、払済保険に変更した場合の保険金額は、元の契約の保険金より少なくなります。
また、特約を付けていた場合は、払済保険に変更すると特約部分は消滅します。
解約返戻金が少ない場合や保険種類によっては、払済保険に変更できないことがあります。
保険会社や保険種類によっては、払済保険変更後2~3年以内であれば一定の条件もとで元の契約に復旧することも可能です。