その時点での解約返戻金をもとに、保険期間を変えずに以後の保険料の払い込みを中止し、保障額の少ない同じ種類の保険に変更することです。一般的に終身保険・養老保険など、貯蓄性の高い生命保険で、保険料の支払が困難になった場合に解約をせずに保障を活かす方法として有効です。