予め決められていた保険料の払込期月に保険料の支払いができなくても、保険契約を有効に継続できるように設けられている一定期間の猶予のことをいいます。
月払の場合は、払込期月の翌月の1日から末日までとなります。
半年払・年払の場合は、払込期月の翌月の1日から翌々月の月単位の契約応当日まで(ただし、契約応当日が2月、6月、11月の各末日の場合には、それぞれ、4月、8月、1月の各末日まで)となります。
保険料の払い込みがストップし、払込猶予期間が経過すると契約が失効してしまい、万一の場合、保険金などが受け取れないことになります。