被保険者本人が保険金や給付金を請求できない特別な事情(意思能力がない場合等)があるときに、あらかじめ指定された代理人が保険金や給付金を受け取れる特約です。
「リビング・ニーズ特約」や「特定疾病保障保険」等は、被保険者本人が受取人になっていますが、被保険者の同意を得てあらかじめ指定代理請求人を指定することで、特別な事情があるときに、被保険者に代わって指定代理請求人が保険金を受け取ることができます。
契約時だけでなく、契約途中でも被保険者の同意を得て指定代理請求人の指定や変更をすることができます。
保険会社によっては、「高度障害保険金」や「入院給付金」などについても指定代理請求制度を取り扱っている場合もあります。
指定代理請求人の範囲は、請求時において、被保険者と同居または生計を一にしている被保険者の戸籍上の配偶者または3親等以内の親族になります(保険会社によって異なる場合があります)。