急性灰白髄炎(ポリオ)、ラッサ熱、腸管出血性大腸菌感染症のことです。
1999年(平成11年)の伝染病予防法廃止に伴い、この用語は使用されなくなりました。