「自動振替貸付」の略称です。
解約返戻金の範囲内で、生命保険会社が自動的に保険料を立て替えて契約を有効に継続させる制度のことです。
立替分の保険料には、所定の利息(複利)がつき、利率は経済情勢の変化により変動します。
立替分の保険料は、その全額または一部をいつでも返済できます。
未返済のまま満期を迎えたり、被保険者が死亡したときは、それぞれ満期保険金・死亡保険金から、その立替分の保険料と利息が差し引かれます。
継続を希望しない場合には、自動振替貸付を受けた後でも、一定期間内に解約または延長(定期)保険・払済保険への変更手続きをすれば、自動振替貸付はなかったものとされます。
「契約者貸付」と合わせた元利金が解約返戻金を上回ると、保険料の立て替えができず、契約は失効します。
保険種類などによっては利用できない場合があります。
「振替貸付」、「自振」とも呼ばれます。