過去にかかったことのある病気のことです。
身体上の危険のひとつで、被保険者に既往症がある場合には、保険会社が契約を承諾するか否かを決める要素となります。