2007年10月1日に、日本郵政公社は民営化しました。
民営化により、これまでの日本郵政公社は持ち株会社と4事業会社に分社化されますが、日本郵政株式会社は持ち株会社として、民営化後の日本郵便グループ全体の経営を担当します。
日本郵政グループの4事業会社は、郵便事業株式会社・株式会社ゆうちょ銀行・株式会社かんぽ生命保険・郵便局株式会社となります。