定期保険(特約)や医療保険(特約)などの保険期間が満了したときに、健康状態に関係なく原則としてそれまでと同一の保障内容・保険金額での保障を継続できる制度です。
更新は保険期間が10年・20年といった年単位の契約期間のものに限られ、50歳や60歳といった歳単位のものは更新できません。
更新時の年齢や保険料率などによって保険料が再計算されますので、年齢が高くなった分、通常保険料は高くなります。