あらかじめ5年や10年などの一定の年金受給期間が定められ、かつ生存している間のみ年金が受取れます。